心に残るプロポーズについて


恋愛にも確実に浸透した「格差」ですが、そういった状況からプロポーズを考えている方も多いはずです。
最近「格差」という言葉が、どこでも使われるようになりましたね。

例えば、「格差社会」から始まり「地域格差」・「情報格差」や「教育格差」何より有名になっているのが、某有名女優の「格差婚」です。
結末は、もう既に皆様ご存知のご様子となったわけですが。
「格差」という言葉を思い出してください。
2006年の新語・流行語大賞の上位にランクインされたというお墨付きの言葉です。
それ以来、何かにつけて、社会階層の表現のひとつとして使われてきましたが,とうとう恋愛関係においてもその表現が使われようとされ始めています。

まるで、イギリスの小説家 ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」を思い起こさせてくれるようです。(キーラ・ナイトレイ主演の映画「プライドと偏見」の原作)
「恋愛格差」の場合、男女のどちらが、富裕層になるかで結末がだいぶ変わってくるように私は、感じます。
先ほど挙げた小説をもとに考えてゆくと男性側が富裕層に属する場合は,ハッピー・エンドの確率が高いように思います。
昔からいわれているような俗に言う「玉の輿」ってものなのではないかと思います。
ジェーン・オースティンの小説は,まさにこのパターンでした。

しかし、今の世の中の富裕層の形態も昔と変わってきているので、一概にあてはめて考えられないかと思います。
もし現状で付き合っている相手と格差があるのであれば、プロポーズの言葉よりもまず覚悟が必要です。
覚悟があるのであれば、そこからしっかりと相手の心に残るであろう言葉を考えていきます。
意外にも格差というものは、そこまで関係ないのです。
それに問題となるのは、お互いの両親なのですから。



一生に一度のプロポーズを本気で成功させたい方へ


一生に何度とないプロポーズの機会。彼女の一生の思い出になるように演出してあげたいものです。「ちょっと高級レストランで、ワインを飲みながら、指輪を出してプロポーズ♪」という、ベタなアイディアは彼女は驚かない・・・続きを読む


→プロポーズを確実に決める!プロポーズアイディア集