様々な問題をも乗り越える姿勢


プロポーズの言葉を考えるとき、それはそのカップルの現状から照らし合わせると効果的なことがあります。

例えば、プロポーズをしたい相手が病気がちだった場合などのケースを今回は解説してきましょう。
病気の一連として精神的な病気の話もあります。
相手が精神的な病気になった場合に貴方はどのような判断を下すのでしょうか。
そのまま一緒に治療を受けてくれる人もいれば、その場でさよならを告げる人もいるでしょう。
結婚をしている場合を除いて、恋人同士なら自分の良し悪しで決めれば良いと思います。
人生を受け渡すのは結婚する時だけで良いのです。

精神的な病気を患うのは、本人では無く、周囲が大変です。
軽い症状の場合でしたら、多少の問題は無いのですが、半端な症状や重い症状の人は少しでも気に障るとストレスが溜まります。
話すのも億劫なので、極力は話すのを避けます。
外にはあまり出ないでしょうから、寝て過ごす時が多いのです。
このような状態が完治時期に突入するまで続きます。
こういう状況の中で貴方は耐えなくてはいけません。
悪く言えば、人生を奪われます。

また依存性も高いので貴方自身も精神的な病気になる可能性も低くはありません。
精神的な病気の人は寂しがり屋で自己中心的な性格になってしまいます。
貴方を引き止めるでしょうし、むしろ貴方の元から去ってしまう場合もあります。
そんな時は悲しみを見せず、「一緒には治せない。でも応援している」とはっきりと言う事です。
それが有効的な思いやりだと思います。

恋愛の中では相手が精神的な病気に関わらず、様々な病気を患っているカップルもいます。
自分が判断するのは難しいと思いますが、自分が出した答えを信じる事が必要なのです。 結婚の意志が強いのであれば、自然とプロポーズの言葉も浮かぶはず。それを心から伝えてください。

[スポンサードリンク]
ブライダル業界の求人情報を特集したサイト!
プロポーズに成功したらお世話になるブライダル関連の人たち。その人たちがどう転職をしてるかを紹介!