過去現在からみる現状


過去と現実の恋愛では大きく異なっていることがあります。
それは喧嘩を超えたことに起こる、暴力といった問題です。
これであっても相手が好きだから、プロポーズをと考えている方もいるかもしれません。
恋愛において喧嘩は必須になると思われます。

しかし、中には暴力的な喧嘩もあります。
むしろ、暴力そのものです。
それはドメスティック・バイオレンスと呼ばれる家庭内暴力です。
恋愛として、配偶者、内縁者、恋人、相手が一方的に恋人と思っている人に対して過度な暴力を振るう行為を総称して表します。
暴力を振るう加害者は、怒りが頂点に達した時に心の余裕が無く、ストレス発散法として相手に暴力を振るいます。
暴力を振るわれる被害者は何も抵抗が出来ません。

また被害者の中には暴力によって長期の入院を余儀無くされたり、死亡したりする人もいます。
被害者は加害者の暴力を一種の愛情表現だと捉えています。
だから、何も出来ないのです。
その理由は普段の加害者は意外と優しく接する機会が多いのです。
ですから、本当は悪い人では無いと認識するのです。

被害者の考えに、これはこの人の不器用な愛情なのだ、だから自分も愛してあげなければいけないと勘違いな思考を持つのです。
いくら酷い暴力でも子供ように守ってあげなくてはいけないという使命感が被害者には強く印象付けになります。
そのような感情が出るのは、本当に加害者を愛しているからだと思われます
対処法としては、一人で抱え込まずに誰かに事実を話す事です。
たまに異性に相談する人がいますが、それは逆効果で、さらに暴力が進みます。
必ず年上の同性に相談する事です。

時間帯も合わせ易く、加害者は束縛が強いですが、年上の同性ならば、途中で引き止められたと言えば怪しまれません。
加害者は年上に対しては警戒心を持ちます。
恋愛と暴力が合わさった時はこのように歪んだ愛情を持つ日々になります。
これでもプロポーズを考えているのであれば、よく判断してからにしましょう。



一生に一度のプロポーズを本気で成功させたい方へ


一生に何度とないプロポーズの機会。彼女の一生の思い出になるように演出してあげたいものです。「ちょっと高級レストランで、ワインを飲みながら、指輪を出してプロポーズ♪」という、ベタなアイディアは彼女は驚かない・・・続きを読む


→プロポーズを確実に決める!プロポーズアイディア集